野望

 

サボってました。

 

今日はクリスマスイブ❤️

 

はい。

 

。。。

 

 

ぼっちで読書してました。

 

Elon Muskの本とAIの本

 

自分へのプレゼントが本を読む時間でした

 

なかなか充実していてよかったです。

 

 

特にPayPalやテスラモーター、スペースXの生みの親である

 

マスクの人生に触れられたのは本当によかった。

 

色々大ボラ吹きとか言われているマスクの信念というか野望が

 

伝わってきた。

 

私も自分の野望に素直になれるかな。

 

 

 

子供たちをエエ感じに送迎していく問題

 

 

おはこんにちは。

 

寒すぎますね。

 

外が寒いと暖房ガンガンの部屋でカップラーメンとかをすすると鼻水が止まらなくなります。

 

ということで、鼻水をダラダラさせながらとある問題を解いていました。

 

『五人の子供がいます。

赤線で結ばれた子供は仲がよく

青線で結ばれた子供は仲が悪い関係です。

線で結ばれてない子供は関係なしです。

さて子供たちの関係を見ながら二台のバス(AorB)で送迎し、

未然にケンカを防ごう。』

 

という問題である。

 

例えば以下の画像のような関係が考えられる。

 

f:id:zacktomo777:20171216213349j:plain

FIg.1 子供たちの関係

 

つまりザリガニ釣りが好きで、如何にもわんぱくそうな児童はみんなから嫌われているのだ。

 

Fig.1のような児童たちをバスAまたはBで送迎するとき、ケンカを一番防げそうな組み

 

合わせは、女の子二人と料理をしている男の子をバスAに乗せ、ザリガニわんぱく

 

少年と上部中央にいる男子をバスBに乗せるのが一番良いと考えられる。

 

バスBでは険悪なムードが漂うと考えられるが、これはお菓子でも持たせて機嫌を取る

 

ことにしよう。

 

 

このような問題を『組み合わせ最適化問題』という。

 

 

 

さて下のように実際の幼稚園で考えましょう。

f:id:zacktomo777:20171216213355j:plain

Fig.2 多数の児童

 

たくさんいるなぁ。。。

 

先ほどの問題のように関係を条件付けし、問題を解くとする。

 

先ほどのように簡単にこの問題を解くことができないのでは無いだろうか。

 

保護者会を開いて問題を解決しようとした暁には、もう幼稚園を卒業しているなんてこ

 

とにならないだろうか。

 

ここで、最近話題の量子コンピュータが役に立つ。

 

普通のコンピュータでも計算は可能(知らない)のだが、この生徒数が一万人いたら演

 

算に膨大な時間がかかるだろう。

 

この計算がQNNcloudというサイトで学ぶことができる。

(リンクして良いのかわからないので検索してください。)

 

この類の問題に特化し、計算が早いのが量子コンピュータである。

 

つまり、量子コンピュータが万能なパソコンであるわけではなく。

 

複雑な組み合わせ問題を解くのに適しているという。

 

つまり、分子のシミュレーションであったりこのような問題を解くことしかできないらしい。

(用途は模索中らしい)

 

確かに用途は限られているけど、スパコンと組み合わせたら

 

効率よく様々なシミュレーションであったり、計算が可能になって便利になるんじゃ無いのかなぁ。

 

では。

 

*注記:私は専門家では無いので、間違っていたら指摘してください。 

 

 

 

 

 

1ヶ月間モンスターエナジーを飲み続けた結果。

お題「今日の出来事」

 

 

 

11月から1ヶ月間モンスターエナジー(通称:魔剤)を飲み続けて、体調に変化が出てきたのでボキャ貧かつ文章力が無いなりに記事にすることにした。

 

 

まずスペックから

*身長170cm

*体重70kg

*22才

*学生

といった何の変哲も無い学生である。

 

そもそも何故この魔剤を毎日飲むようになったかというと

 

大学の卒論と、院試の勉強(前期募集で受験失敗)が重なったからである。

 

実験系のブラック研究室であることもあり、土日も含め学校に来ている。

 

そんな中で眠気を消したり、活気をつけるためにコーヒーでは物足りなくなって魔剤を飲むようになった。

 

 

そうして早1ヶ月。気づけばほぼ毎日魔剤を飲んでいた。

 

飲まなかった日もあれば1日に二本飲んだこともあるからアベレージとして毎日一本飲んでいる計算になる。

 

f:id:zacktomo777:20171215210629j:plain

Fig.1 A whole castle of MAZAI cans


上記Fig.1 が友人とともに作成したお城である。

 

この缶全てが私が飲んだものでは無いし、私が飲んだ缶が全てここにあるわけでは無い。

 

飲み始めて二週間ぐらいは本当に何もなかった。ネットで書かれているような怖いことは起こらなかったし安心して飲み続けようと思っていた。

 

変化が起きたのは三週間ぐらいしてからだ。飲まないと不安になるし、自然と魔剤に手が伸びていた。

 

さらに飲んで時間が経つと手が痙攣したり、内臓がピクピクするような感覚になった。

気持ち悪さ(二日酔いに近い??)も続くようにもなった。

 

まさにヤバい感

 

 

この記事を書いている最中も手が痙攣している笑

 

体が異常を訴えているのは明らかだ。

 

症状としてはここまでだ。

 

ネットには一日三本まで飲んでも良いと書いてあったが、流石に毎日を想定しているわけではないと思う。

 

しかも注意したいことがここ1ヶ月で週二回ペースで飲み会があったし。就寝も夜中の三時を回る日が多々あった。

 

したがって魔剤が今の症状に直接因果関係があるとは限らないが、1ヶ月毎日それを頼りにする生活が健康であるとは言いにくい。

 

今日魔剤ストックが切れたため断魔剤しようと思う。

 

またしばらくしたら経過を載せようと考え中である。

 

では。